足立区立渕江中学校
ホーム 学校長挨拶 学校紹介 教育課程 学校生活 地域の活動 日々のブログ(外部リンク)




教育課程

ここでは、渕江中の学習に関する取り組みについてご紹介します。

HP作成担当


 

教育目標

 (1) 学校の教育目標

 教育基本法、学校教育法の一部改正及び新学習指導要領の趣旨を踏まえ、学校教育の充実・向上を目指し、信頼される学校運営を推進する。 人間尊重の精神を基調として、心身ともに健康で、知性と感性に富み、人間性豊かな生徒の育成に努める。

  1. よく考え自ら学ぶ人
  2. 正しく判断し実行する人
  3. 礼儀正しく情操豊かな人
  4. 心身ともに健康な人
 (2) 学校の教育目標を達成するための基本方針
  1. 全教育活動を通して、人権教育プログラムを基にした人権教育を推進する。特に、生命尊重を重点的に置き、いじめや暴力を許さないこと等の指導を通し豊かな人間性や社会性をもつ生徒を育成する。
  2. 全教育活動を通して、主権者教育を推進する。社会の中で自立し、他者と連携・協働しながら、社会を生き抜く力や社会の構成員の一員として主体的に担う力を身に付けさせる。
  3. 行事・総合的な学習の時間・部活動等に主体的に関わることを通して、感動や達成感を味わわせ自己有用感を育む。
  4. 教育相談部会を中心に、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー等を活用し外部機関との連携を図り不登校解消に向けた指導の充実を図る。
  5. 特別支援教育の趣旨を理解し、学校生活支援シート等を基に特別支援コーディネーターを中心に、スクールカウンセラーや外部機関との連携を深め個に応じた指導の充実を図る。
  6. 教育相談、QUアンケート等を基にカウンセリング活動等を充実させ、人間関係構築力を育成する。
  7. 各教科の指導・評価計画を明確にし、指導と評価の一体化を図り、生徒一人一人の学習状況を把握し、基礎的・基本的な知識・技能の習得を図るとともに、思考力・判断力・表現力等をバランスよく育成する。
  8. 学力調査(国・都・区)や授業アンケートの結果を踏まえ、授業改善推進プランを作成し、指導方法の改善を図る。
  9. 数学科におけるT・Tや放課後補充教室等を有効に活用し、生徒一人一人の理解度を深め個に応じた指導の充実を図る。
  10. 小中連携教育を推進し教員相互で指導法の改善に努め授業を工夫し、生徒一人一人の学力の定着を図る。
  11. 読書活動を推進し、生徒が言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付けさせていく。
  12. オリンピック・パラリンピック教育や部活動を通して、体力の向上を図り心身ともに健康な生徒の育成を図る。
  13. 挨拶運動や時間、規則を守った学校生活を送らせること等を通して、社会生活の基本となる価値観・礼儀を育成する。
  14. 給食・家庭科等を通して、正しい食のあり方望ましい食習慣を身に付け、心身の健康の保持増進を図る。
  15. 自分の役割を果たすことや異年齢集団との関わりや体験活動、進路指導等を通して社会的、職業的自立を促すために必要な基盤となる能力や態度を育成し、将来の夢を考え実現に向けて取り組む生徒の育成を図る。
  16. 開かれた学校づくり協議会委員・保護者による学校評価や地域の教育力を活かし、地域から信頼される学校づくりを図る。
  17. 生命尊重の精神を育むために、外部講師を招いた「命の講演会」を開催する。