本文へジャンプ
校長室より

 
 


 校長の加藤敦彦と申します。
 令和2年度を迎えました。新型コロナウィルス感染症の対応のため、4月1日現在、非常事態になっていますが、新1年生99名(なかよし学級2名)を迎え、スタートします。子供たちの未来の可能性を広げ、伸ばすために全教職員一丸となって教育活動に努めて参ります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

自立と社会参加を目指して

 人権尊重の精神を基調とし、あらゆる差別をなくし、自他の生命を尊び、「知・徳・体」の調和のとれた児童の育成に努め、地域に生きる学校として、児童とともに、家庭・地域とともに、全教職員とともに、自立と社会参加を目指して、教育を一層充実させていきます。以下、今年度の重点的取組をご紹介します。

(1)学力の向上を目指します。(基礎的な知識・技能、思考力・表現力・判断力、学びに向かう力等)
  
(2)約束を守り、思いやり、自分を大切にする心を育てます。(規範意識・いじめの根絶・自己肯定感等)

(3)体力・耐性を育てます。(運動への意欲と体力、頑張る気持ち等)

(4)様々な連携を図った教育を推進する。(幼保、小・中、大学、地域等)
 

 本校は地域に生きる学校です。 保護者・地域の方々に愛され、信頼される学校経営に努めます。 どうぞご理解・ご協力をお願いいたします。

   ※教職員の皆さんへ