○○の日記 本文へジャンプ
足立区立千寿常東小学校 校長 加藤 敦彦が
学校や子供たちの様子、そして、徒然なるままに教育論を展開していきます。


6月30日(火)  
bQ66 慣れてはいけません・・・
 怒られることに慣れてしまえば、顔色を見て行動します。だから、褒めて、褒めて、褒めましょう。できないことはハードルを低くして励ましましょう。今日はやっと2年生がプールに入れました。プール開きです。水の中の神様の話をしました。キャーキャー歓声が聞こえてきました。縦割り給食がありました。教室では「アナ雪」の曲が流れていました。5時間目に3の1で社会科の研究授業がありました。区内の3年目の先生たちが見に来ていました。転校生が2人やってきました。4年と1年です。どんな友達なのか校長室に覗きに来ました。可愛い子供たちです。

6月29日(月)  
bQ65 楽しい思い出
 話題満載の月曜日。全校朝会のテーマは水泳。「いつ練習するの?今でしょ!」と過去のギャクをとばす。いよいよ前期の授業観察が始まりました。9月までの長丁場です。今日は5年の算数少人数指導と1の1の算数。5年生は「小数のわり算」、1年生はひき算の学習です。どちらも大切であり、理解の難しいところです。ところで、今日は教育実習の最終日。2人の男子大学生ともお別れです。「お別れ会」の予感のする5校時に少し教室にぞきに行きました。涙ありで・・・そっと出ました。栽培委員会の児童が教室に「日日草」を配っていました。校長室にも届きました。花言葉は「友情」「楽しい思い出」です。今日、この日にぴったりです。

6月26日(金)  
bQ64 子供に助けられる
 週末なのに元気がないような気がしました。朝の挨拶でそう感じます。4週間の教育実習がまもなく終わりを迎えた実習生が、今日はその成果を表す授業でした。3の1も2の3も算数です。大学からも先生が見に来られていました。「先生の教え方、上手だったよ」クラスの子供たちに助けられていました。有難いことです。6年生がプールに入っていました。「ほら、○○先生だと思って思い切り蹴ってごらん!」と同じ6年生の先生が水の中で平泳ぎの足の蹴り方を教えていました。寒そうでしたが、楽しそうにも見えました。
 
 教育実習生の授業 3の1 並びに  2の3

6月25日(木)  
bQ63 学生との出会い
 『ようこそ秋山へ』三つ目のトンネルを抜けると、横断幕をもった学生を筆頭に、100名近い帝京科学大学の学生の出迎えを受け、4年生の子供たちも少し興奮気味でした。今日は7時30分に集合し、4年生と一緒に「大学遠足」に行ってきました。途中、中央自動車道の車窓から、競馬場や高尾山、相模湖の観覧車、そしてラブレター(芸術家のオブジェ)を案内しました。初めて見る子供たちも多く感激していました。大学遠足とは、上野原の学校跡地で、帝京科学大の大学生が教えてくれるフィールドワークです。川や山や墓地に入り、様々な体験をします。たった数時間でしたが、大学生との出会いには感動がありました。感動とは心が感じて動くんだよなあ!

6月24日(水)  
bQ62 労り(いたわり)と憧れ
 「先日はありがとうございました。」朝の校門でおやじの会のお父さんが声をかけてくれました。学校へお子さんを送って来るお父さんも増えてきました。いいことです。今朝は縦割り遊びが各教室で行われていました。しりとりお絵かき、爆弾ゲーム、ボール送りゲームなど、様々な工夫がありました。どの教室でも6年生がしっかりと説明しているようでした。少子化で兄妹・姉妹も少ないので、異学年の交流はとてもいい経験です。年下への労りの気持ち、年上への憧れの気持ちが芽生えます。家庭もそうなっているでしょうか。
 
 たてわり班あそび

6月23日(火)  
bQ61 えいっ!
 体力・スポーツ調査真最中です。1時間目から「ソフトボール投げ」の距離を測っています。3年生からスタートし、4年生・6年生・5年生の順で計測していました。ちょうど校長室の前でしたので時々見ていましたが・・・「えいっ!」と気合はいいのですが距離が出ません。高学年男子でも10m〜15m程度しか届いていないようです。中には40mを超えている児童もいましたが、うわー・・・!数字的には知っていましたがこれほどまでとは・・。本校だけの課題ではなく足立区全体の課題でもあります。過日、6年生がメンコを作って肩を鍛えようと考えたのも納得です。何か手だてはないものでしょうか?体験入学で4名の児童が帰国していますので、給食時間中に教室をまわりました。皆、楽しそうでした。よかった。


6月22日(月)  
bQ60 成長
 「校長先生!もう朝顔の花が咲いています」担任の先生が吃驚して報告してきました。えっ、早くない?子供たちが一生懸命水をあげてきた成果なのでしょうか。1年生がもう鍵盤ハーモニカを演奏していました。成長は早いですね。さて、今日は「夏至」ですので、全校朝会では「百万人のキャンドルナイト」の話をしました。一番昼間が長い日、夜と5時間も違いがあります。6年生で「夏至」を知っている児童が数人いましたが、全校児童はほとんど知りませんでした。東京スカイツリーも東京タワーも消灯されると思います。午後8時から10分間でもいいので節電してほしいと話しました。5時間目には千寿第八小と千寿桜堤中の先生方が本校の授業の参観に来ました。お客さんが来るとよそ行きになってしまう子供たちでした。

6月19日(金)  
bQ59 雨にぬれながら
 なかよし学級(7人)の宿泊行事で日光に行ってきました。三日間とも雨でした。何度も日光には行っていますが、すべて雨は初体験です。でも日光の雨は名物で、東京の2倍くらい年間で雨が降るそうらしいです。(伝聞)多少無理でも、戦場ヶ原を歩きました。転ぶ・滑る・泣く・喚く・ぐずる・・・19校約140人の子供たちは何かしら自己表現をしていました。三日目の大笹牧場も初めて行きましたが、霧降高原にあるので名物の「霧」が出ていました。大人は幻想的でいいと思いましたが・・。行く前からお土産を決めている子供たちがいるのには驚きました。無事に帰ってきてほっとしています。子供たちは雨にぬれながらも喜んでいたのが嬉しいでね。では・・。

6月16日(火)  
bQ58 ドキドキ感
 「初めてなのでドキドキする」そう話していたのは3年生です。2年生・5年生は交通安全教室でした。3年生は自転車教室です。自転車は被害者にも加害者にもなり得ますので乗るときは相当注意が必要です。保護者の方も大勢お手伝いに来てくれました。ドキドキと言えば・・給食でアジのかば焼きが出ました。骨が食べれるのかドキドキでした。1年生を見に行ったら結構へっちゃらで、えばって食べていました。明日から3日間、なかよし学級の4年生以上7名が日光へ行きます。区内19校が一緒で児童145名、大人74名、計220名の大所帯です。初めての男児はドキドキです。初めて行く担任もドキドキです。校長は何回行っても怪我や事故がないかとドキドキです。ブロクはしばしお休みします。


6月15日(月)  
bQ57 感謝の気持ち
 サタディナイトには千住地区6校の合同パトロールがあり本校ではおやじの会の方たちが実施してくれましたので、校長も参加しました。学区域を1時間ほどかけて歩きました。道行く人たちがピンクのTシャツに反応していました。常東小だって・・・有難いことです。さて、週明けて今日からモリモリ週間です。全校朝会では「いただきます」の意味の話を子供たちに伝えました。「ニンジンの命を私たちの命にいただいています。」と。2年生の男児からお手紙をもらいました。感謝の気持ちをつづっています。片言の日本語で・・。天気は絶好のプール日和でしたが、4年生も6年生もスポーツテストを実施していました。1年生は涼しい部屋で勉強です。

6月13日(土)  
bQ56 相手を思う
 (何故なんだろう)と思った後に、腹をたてずに、(きっとこうなんだよ)と相手を思える子供に育ってほしい。今日、土曜日は授業公開でした。1年生がお家の方々と仲良く一緒に校舎内を探検。笑顔笑顔。お仕事をお休みさせてしまったのかなと想像する。養護教諭による2年生への大切な歯磨き指導。「ぐらぐらの歯があるんだよ!」と話しかけてくる男児の興味はどこに・・。3年生の図工、カラフルな友だちの作品が面白い。校庭ではリレー。4年生、5・7・5で詩を探す。正岡子規?それは人名じゃない?。5年生、社会科の自主勉強のよさ探しに参加。6年生、家庭科の調理。炒り卵をご馳走になる。心が伝わり美味しさが増す。欠席13名・・・。

6月12日(金)  
bQ55 元気があれば・・

 懐かしいです。6年生がめんこを作っていました。話を聞くと、遊びながら投力を付けるためだとか・・・なるほど・・・連合運動会をにらんでかな?今日は学校説明会がありました。50〜60名くらいでしょうか。お父さん・お母さん方が来校してきました。『元気があれば何でもできる』とお話しました。来年度の受け入れ可能は4学級です。昼から雨もあがり喜んで校庭に出ていく子供たちを見て、やはり子供たちの良さは明朗快活でしょうか、校長に感化され・・(笑)。明日は土曜授業です。千寿桜堤中の運動会です。

 「学校説明会」    めんこ作り

6月11日(木)  
bQ54 光と影
 小説の題名ではありませんが、ちょっとしたきっかけで子供の行動がよくなるときがあります。褒めるだけではありません。その子供の背景などに気付いたときです。行動は単に現象として表れただけなのです。子供との関係はどうかな、夫婦の関係はどうかな・・立ち入ることはできないこの領域がとても重要なのです。2年生のミニトマトを見ながらそんなことをふと思っていました。朝顔(1年)にもホウセンカ(3年)にも、きゅうり(4年)にも負けてはいません。光と影、教育の難しさがそこにあり、だから他人が育てるのです。今日も校長室には子供のお客さんが来て楽しんでいました。様々なことを子供から学んでいます。 

6月10日(水)  
bQ53 何を思う・・時の記念日
 学校公開3日目。受け付けをしていただいている保護者の方々には本当に有難い。1時間目は、なかよし学級で子供たちと対話。野球の話で盛り上がる。毎朝、校門で顔を合わせて挨拶だけしている児童も学級の中では近寄ってきて話しかけてきます。来週末から日光宿泊学習があり不安と期待の中で揺れています。大丈夫、楽しみだねと励ます。休み時間は校長室前に子供たちがよく来ます。今日は6年生・・。スカイツリーが見える階段に腰かけ、何を思うのか。校長室で算数を勉強する高学年児童、絵本を見ている低学年児童、SOSにやってくる先生たち・・。変化があって楽しいが、確実に過ぎていく時の記念日。


6月9日(火)  
bQ52 雨グッズ
 関東地方も梅雨入りを発表し、雨が待ち遠しかった人々も喜んでいるでしょう。四季の変化がある日本は素晴らしいです。さて、傘の向きが気になりますね。透明の透けて見える部分は前にもってくるのではないでしょうか。校門で声掛けしてもきりがありませんでした。長靴は低学年でざっと3割、高学年になると1割に減少しています。水たまりに入りたがるのが小学生です。運動靴でびちゃん。朝学習では宿題の答え合わせやドリルをしている学級が多かったです。物干しが廊下に下がっていたり、掲示物が梅雨バージョンに変化したり、てるてるぼうずも出現しています。ほんの朝のひと時でした。


6月8日(月)  
bQ51 分相応
 1年生の朝顔が順調に育っているようです。一列に並んで観察カードに記していました。枯れてしまって植え替えをしてあげている親心に気づいているでしょうか。明日雨が降るとできないので急遽、観察学習に時間割を替えた学年もあるようです。朝会では「ワシとカラス」の話をしました。だいたいカラスが出てくる話にはいい話はありませんが・・。ワシの真似をして獲物を捕まえたカラスですが、失敗して人間に捕まってしまうというお話です。主題は「分相応」です。2年生、3年生、4年生、6年生の算数の授業を見ました。傍について教えたくなり、6年生の時についに、黒板に文字を書きました。『とりかえっこ』『ずるこみ』。さて、どんな学習内容でしょうか?

6月5日(金)  
bQ50 特別警戒
 校長室のゆったりとしたソファに座って喜んでいる1年生。全員が朝から探検に校長室にやってきました。質問攻めにあいました。時間が許す限り教室を回って子供たちに会ってきました。「校長室で勉強したい・・」ドキッとする声も聞こえました。一緒に歌を歌ったり、問題を解いたり・・・・教室は楽しい所です。不審物騒ぎがあって1週間、校舎内を点検し、校門には「特別警戒警備中」の札を掲示しました。明日は開校記念日です。

 「1年生の学校探検」   不審物・不審者への対応


6月4日(木)  
bQ49 先生!
 虫歯の日。虫歯のある子供の数の割合が23区中23番なのが足立区だそうです。無料なのに歯医者に連れていってもらえない子供が多いということです。「先生!○○君がふざけて・・・」誰かと思ったら私を呼んでいました。担任じゃないよ?いいの、直訴です。そう言えば、今朝の集会では先生クイズを行っていました。三択なのに全部正解の問題もありました。ずるい!2の2、3の2、4の3、なかよしの先生が出題されていました。今日から1年生が「放課後子ども広場」なので様子を見にいきました。すごい〜熱気が凄かったです。今日は色々ありました。

6月3日(水)  
bQ48 雨の日
 早速雨の日がやってきました。シトシト雨という感じでしょうか。4年生の教室の黒板に、雨の日の遊びを考えさせる漫画のキャラクターの吹き出しがありました。何故、バカボンなのでしょうか。午前中は1ブロックの青少年委員の方が5名来校しました。全教室を回り、ご案内しました。どこも落ち着いて勉強していました。子供たちが帰った後、今年も先生たちは救急法の講習会を行いました。全員AEDを実際に使ってみました。プールは業者が清掃をしています。運動会の後は、水泳です。

 「雨の日の遊び方を考えよう」  AEDの講習会

6月2日(火)  
bQ47 繊細さ
 土曜日、午後8時24分頃、東京小笠原でM8.5の大地震発生。月曜日、午後1時ちょうど。Aメールの変わった内容に異変あり。区の施設に不審物を置いたとの情報。幸いにして振替休業のため子供たちはいませんでしたが、学童クラブには子供たちが・・。予告のあった午後3時過ぎに学校へ来ましたが何もなくてほっと。さて、今日から1か月にわたり教育実習生が本校で学びます。2の3と3の1への所属です。男性2人とは珍しいです。運動会も終わり子供たちもどこか元気がなくなりましたので、放送朝会では「雨の名前」の話をしました。降り方などによって名前が異なる日本人の繊細さ、梅雨時の楽しみの一つです。小雨、霧雨、にわか雨、豪雨、夕立、狐の嫁入り・・などです。ふと5年生の廊下の掲示物の前で足が止まりました。面白いアートです。